HOME > 陶淵明 > 春水四沢に満ち ~ 陶淵明

春水四沢に満ち ~ 陶淵明

春水四沢に満ち ~ 陶淵明

陶淵明は、六朝時代の東晋から宋にかけて活躍した詩人。

春は水が四方の山に満ちるとうたう「四時の歌」の第1句。

水が自然にわきだす様子から、春の暖かさが感じられる。

東晋中期の芸術家、顧愷之の作とする説もある。


この中国古典名言に関連する名言・格言

最新の中国古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(中国古典の名言・格言 中国古典名言.com) |次の中国古典名言・格言:少壮努力せずんば 老大 徒に傷悲せん ~ 長歌行