HOME > 杜甫 > 文章千古の事 得失寸心知る ~ 杜甫

文章千古の事 得失寸心知る ~ 杜甫

文章千古の事 得失寸心知る ~ 杜甫

杜甫の詩「偶題」から。

題名は「偶然に書きつけた詩」の意味で、自分の詩に対する考え方を述べている。

文章は永遠で不朽だが、その作品のよしあしは作者自身の心だけが知っているという。

「寸心」とは作者の心中のこと。


この中国古典名言に関連する名言・格言

最新の中国古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(中国古典の名言・格言 中国古典名言.com) |次の中国古典名言・格言:琴を弾じ また長嘯す ~ 王維