HOME > 杜甫 > 国破れて山河在り 城春にして草木深し ~ 杜甫

国破れて山河在り 城春にして草木深し ~ 杜甫

国破れて山河在り 城春にして草木深し ~ 杜甫

唐の都・長安は、安禄山の反乱軍によって、すっかり荒廃し、玄宗皇帝も逃れていった。

その都も山河は昔と変わらず、春が訪れて草木も茂る。

無情な人間世界と恒久の自然との差異をうたった杜甫の有名な漢詩「春望」の第1、2句から。


この中国古典名言に関連する名言・格言

最新の中国古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(中国古典の名言・格言 中国古典名言.com) |次の中国古典名言・格言:時に感じては花にも涙を濺ぎ、別れを恨んでは鳥にも心を驚かす ~ 杜甫