HOME > 朱熹 > 一寸の光陰 軽んずべからず ~ 朱熹

一寸の光陰 軽んずべからず ~ 朱熹

一寸の光陰 軽んずべからず ~ 朱熹

「偶成」の第2句は、ことわざとして、よく使われている「光陰矢のごとし」のもとになったとされる。

若いころは、「いくらでも時間がある」と思いがちだが、人の命とははかないもの。

年齢を重ねるほど、実感できる名言だ。


この中国古典名言に関連する名言・格言

最新の中国古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(中国古典の名言・格言 中国古典名言.com) |次の中国古典名言・格言:何れの処にか秋霜を得たる ~ 李白