HOME > 三国志 > 譬えば朝露の如し 去日は苦だ多し ~ 曹操(三国志)

譬えば朝露の如し 去日は苦だ多し ~ 曹操(三国志)

譬えば朝露の如し 去日は苦だ多し ~ 曹操(三国志)

「短歌行」の第3句、4句では、人生のはかなさを朝露にたとえ、ただ、過ぎ去っていく時間を嘆いている。

戦いに明け暮れる日々を送った曹操。勝利を得ても、時は移ろいやすいものだ。

武将の胸の内が、しみじみと伝わってくる。


この中国古典名言に関連する名言・格言

最新の中国古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(中国古典の名言・格言 中国古典名言.com) |次の中国古典名言・格言:階前の梧葉 すでに秋声 ~ 朱熹