HOME > 三国志 > 慨いて当に以て慷むべし 憂思忘れ難し ~ 曹操(三国志)

慨いて当に以て慷むべし 憂思忘れ難し ~ 曹操(三国志)

慨いて当に以て慷むべし 憂思忘れ難し ~ 曹操(三国志)

朝露のようにはかない人生を思うと、心の高ぶりは抑えられず、憂いの気持ちは離れることはない。

「短歌行」の第5、6句は曹操の苦悩する姿がつづられている。

曹操ほどの武将でも、生きることの苦しみから逃れられなかったのだろうか。


この中国古典名言に関連する名言・格言

最新の中国古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(中国古典の名言・格言 中国古典名言.com) |次の中国古典名言・格言:人人その親を親とし その長を長とし 天下平らかなり ~ 孟子