HOME > 三国志 > 酒に対して当に歌うべし 人生幾何ぞ ~ 曹操(三国志)

酒に対して当に歌うべし 人生幾何ぞ ~ 曹操(三国志)

酒に対して当に歌うべし 人生幾何ぞ ~ 曹操(三国志)

「三国志」に登場する魏の曹操(155~220年)の「短歌行」から。

悪役イメージが強いが、実際は兵法にたけ芸術面も一流だったという。

第1句で「酒に向かっては思う存分歌うのが良い」と切り出し、第2句に人生のはかなさを込めた。


この中国古典名言に関連する名言・格言

最新の中国古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(中国古典の名言・格言 中国古典名言.com) |次の中国古典名言・格言:何を以てか憂いを解かん 唯杜康有るのみ ~ 曹操(三国志)