HOME > 三国志 > 至弱をもって至強にあたる ~ 荀彧(三国志)

至弱をもって至強にあたる ~ 荀彧(三国志)

至弱をもって至強にあたる ~ 荀彧(三国志)

中原の覇者の地位をかけた官渡の戦いでの荀彧の名言。

袁紹(えんしょう)の大軍と激突した曹操が弱気になってしまい、留守を守る荀彧に都に引きあげたいと書き送ったところ、荀彧は逆にこの名言を用い、まさにいまこそが天下分け目のときと撤退を思いとどまらせた。

この戦いでは、袁紹のおごりからくる戦いのまずさと参謀の寝返りにより形勢は逆転。曹操が勝利をおさめることに成功した。


この中国古典名言に関連する名言・格言

最新の中国古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(中国古典の名言・格言 中国古典名言.com) |次の中国古典名言・格言:千里の行も 足下に始まる ~ 老子