HOME > 論語 > 忠信を主として義に徒るは、徳を崇くするなり ~ 孔子(論語)

忠信を主として義に徒るは、徳を崇くするなり ~ 孔子(論語)

忠信を主として義に徒るは、徳を崇くするなり ~ 孔子(論語)

孔子の論語から。

「忠信を主として義に徒(うつ)るは、徳を崇くするなり。これを愛しては其の生を欲し、これを悪(にく)みては其の死を欲す。既に其の生を欲して、又た其の死を欲するは、是れ惑いなり。」

「(誠の徳である)『忠と信』とを第一にして正義へと移ってゆくのが、徳をたかめるということだ。愛すれば生きていて欲しいと思い、憎めば死んだらよいと思うのは普通の人間の気持ちだが、さきには生きていて欲しいと思いながら、一方ではまた死んだらよいと思う。これこそが迷いである」という意味。


この中国古典名言に関連する名言・格言

最新の中国古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(中国古典の名言・格言 中国古典名言.com) |次の中国古典名言・格言:功無きの臣を官せず、戦わざるの士を賞せず ~ 曹操(三国志)