HOME > 論語 > 未だこれを行うこと能わざれば、唯だ聞く有らんことを恐る ~ 子路(論語)

未だこれを行うこと能わざれば、唯だ聞く有らんことを恐る ~ 子路(論語)

未だこれを行うこと能わざれば、唯だ聞く有らんことを恐る ~ 子路(論語)

論語から、子路の行動の教訓。

「子路、聞くこと有りて、未だこれを行うこと能わざれば、唯だ聞く有らんことを恐る。」

「子路は、何かを聞いてそれを未だ行えないうちは、さらに何かを聞くことをひたすら恐れた。」という意味。

多くのことに手を出す前に、今、目の前にあることをこなしてから、次の課題に取り組みたいものです。


この中国古典名言に関連する名言・格言

最新の中国古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(中国古典の名言・格言 中国古典名言.com) |次の中国古典名言・格言:躬自ら厚くして、薄く人を責むれば、則ち怨みに遠ざかる ~ 孔子(論語)