HOME > 論語 > 未だ顔色を見ずして言う、これを瞽と謂う ~ 孔子(論語)

未だ顔色を見ずして言う、これを瞽と謂う ~ 孔子(論語)

未だ顔色を見ずして言う、これを瞽と謂う ~ 孔子(論語)

論語から、孔子の名言。

「君子に侍するに三愆(さんけん)あり。言未だこれに及ばずして言う、これを躁(そう)と謂う。言これに及びて言わざる、これを隠と謂う。未だ顔色を見ずして言う、これを瞽(こ)と謂う。」

「君子のお側にいて、三種の過ちがある。まだ言うべきでないのに言うのはがさつといい、言うべきなのに言わないのは隠すといい、[君子の]顔つきも見ないで話すのを盲という。」という意味。

親、上司などに対して、現代社会でも通じることですね。


この中国古典名言に関連する名言・格言

最新の中国古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(中国古典の名言・格言 中国古典名言.com) |次の中国古典名言・格言:未だこれを行うこと能わざれば、唯だ聞く有らんことを恐る ~ 子路(論語)