HOME > 論語 > 古より皆な死あり、民は信なくんば立たず ~ 孔子(論語)

古より皆な死あり、民は信なくんば立たず ~ 孔子(論語)

古より皆な死あり、民は信なくんば立たず ~ 孔子(論語)

論語から、孔子の言葉。

「子の曰わく、食を足し兵を足し、民をしてこれを信ぜしむ。子貢が曰わく、必ず已(や)むを得ずして去らば、斯の三者に於て何(いず)れをか先きにせん。曰わく、兵を去らん。曰わく、必ず已むを得ずして去らば、斯の二者に於て何ずれをか先きにせん。曰わく、食を去らん。古(いにしえ)より皆な死あり、民は信なくんば立たず。」

「先生は言われた、『食料を十分にし軍備を十分にして、人民には信頼を持たせることが政治には大切である。』子貢が『どうしてもやむを得ずに捨てるなら、この三つの中でどれを先に捨てればよいのでしょうか。』と言うと、先生は『軍備を真っ先に捨てる。』と言われた。『どうしてもやむを得ずに捨てるなら、あと二つの中でどれを先に捨てればよろしいでしょうか。』と言うと、『食料を捨てるのがよい。食料がなければ人は死ぬことになるが、昔から誰にも死は在るのだから。人民は信頼がなければ安定しない。したがって、信頼を最も最後に残すべきだ。』と言われた。」という意味。

まさに政治の根本を語っていますね。


この中国古典名言に関連する名言・格言

最新の中国古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(中国古典の名言・格言 中国古典名言.com) |次の中国古典名言・格言:未だ顔色を見ずして言う、これを瞽と謂う ~ 孔子(論語)