HOME > 論語 > 訐きて以て直と為す者を悪む ~ 子貢(論語)

訐きて以て直と為す者を悪む ~ 子貢(論語)

訐きて以て直と為す者を悪む ~ 子貢(論語)

論語から、孔子と子貢のやりとり。

「子の曰わく、悪むこと有り。人の悪を称する者を悪む。下(しも)に居て上(かみ)をソシる者を悪む。勇にして礼なき者を悪む。果敢にして窒(ふさ)がる者を悪む。曰わく、賜(し)や亦た悪むこと有りや。徼(かす)めて以て知と為す者を悪む。不孫(ふそん)にして以て勇と為す者を悪む。訐(あば)きて以て直と為す者を悪む。」

「先生は言われた、『憎むことがある。他人の悪いところを言い立てる者を憎み、下位に居りながら上の人をけなす者を憎み、勇ましいばかりで礼儀の無い者を憎み、きっぱりしているが道理の分からない者を憎む。』『賜(子貢)よ、お前にも憎むことがあるか。』『他人の意をかすめ取ってそれを智だとしている者を憎みますし、傲慢でいてそれを勇だとしている者を憎みますし、他人の隠し事をあばき立ててそれを真っ直ぐなことだとしている者を憎みます。』」という意味。



この中国古典名言に関連する名言・格言

最新の中国古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(中国古典の名言・格言 中国古典名言.com) |次の中国古典名言・格言:敢て佞を為すに非らざるなり。固を疾(にく)むなり ~ 孔子(論語)