HOME > 李商隠 > 却って巴山夜雨の時を話すべき ~ 李商隠

却って巴山夜雨の時を話すべき ~ 李商隠

却って巴山夜雨の時を話すべき ~ 李商隠

李商隠は官僚としては不遇で、詩は難解なものが多い。

だが「夜雨寄北(夜雨北に寄す)」は、わかりやすく、30代後半の作とされる。

「寂しかった夜の雨のことを一緒に話せるのはいつのことだろうか」と思いを素直にうたっている。


この中国古典名言に関連する名言・格言

最新の中国古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(中国古典の名言・格言 中国古典名言.com) |次の中国古典名言・格言:春風 花草 香し ~ 杜甫