HOME > 李商隠 > 何か当に共に西窓の燭を剪りて ~ 李商隠

何か当に共に西窓の燭を剪りて ~ 李商隠

何か当に共に西窓の燭を剪りて ~ 李商隠

「夜雨寄北(夜雨北に寄す)」の第3句から。

「西窓」は、屋敷の西にある女性の部屋の窓のこと。

「燭を剪る」とは、焦げた灯心を切り明るくすることで、夜のふけるまで語り合うことを意味する。

「何当」という表現に、強い願いが込められている。


この中国古典名言に関連する名言・格言

最新の中国古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(中国古典の名言・格言 中国古典名言.com) |次の中国古典名言・格言:遅日 江山麗しく ~ 杜甫