HOME > 李白 > 軽舟已に過ぐ万重の山 ~ 李白

軽舟已に過ぐ万重の山 ~ 李白

軽舟已に過ぐ万重の山 ~ 李白

「早発白帝城」の第4句。

作者は客観的に自分の姿をながめている。

幾重にも重なる山々の間を、船脚の速い小舟が、通り抜けていくとうたう作者は、故郷を離れるのだろうか。

スケールの大きな表現からどこか悲しさも伝わってくる。


この中国古典名言に関連する名言・格言

最新の中国古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(中国古典の名言・格言 中国古典名言.com) |次の中国古典名言・格言:人を知る者は智なり 自ら知る者は明なり ~ 老子