HOME > 孟浩然 > 夜来風雨声(夜来風雨の声) ~ 孟浩然

夜来風雨声(夜来風雨の声) ~ 孟浩然

夜来風雨声(夜来風雨の声) ~ 孟浩然

漢詩「春暁」の3句目は、起承転結の"転"にあたり、朝の風景から目が覚めて、思いは昨夜の風景へと移る。

「そういえば、昨夜は風雨の音がしていたなぁ」という意味。

井伏鱒二は「ヨルノアラシニ雨マジリ」と訳している。


この中国古典名言に関連する名言・格言

最新の中国古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(中国古典の名言・格言 中国古典名言.com) |次の中国古典名言・格言:井蛙は以て海を語るべからず ~ 荘子