HOME > 張継 > 夜半の鐘声 客船に到る ~ 張継

夜半の鐘声 客船に到る ~ 張継

夜半の鐘声 客船に到る ~ 張継

秋の夜の旅愁を感じている作者・張継の船に、夜半を告げる寺の音が聞こえてきた、とうたう「楓橋夜泊」の第4句。

当時、夜半の鐘をつく例があったという。

張継の詩は後世にも影響を与え、この詩を踏まえた作品が数多く作られた。


この中国古典名言に関連する名言・格言

最新の中国古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(中国古典の名言・格言 中国古典名言.com) |次の中国古典名言・格言:文章千古の事 得失寸心知る ~ 杜甫