HOME > 陳子昴 > 独り愴然として涕下る ~ 陳子昴

独り愴然として涕下る ~ 陳子昴

独り愴然として涕下る ~ 陳子昴

悲しみの中、ひとりで涙を流す、とうたう「登幽州台歌(幽州の台に登る歌)」の第4句。

陳子昴は異民族の反乱の対応策を国家に進言したが受け入れられず、逆に身分を下げる結果になった。

その無念な思いが込められているとされる。


この中国古典名言に関連する名言・格言

最新の中国古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(中国古典の名言・格言 中国古典名言.com) |次の中国古典名言・格言:天地の悠悠たるを念い ~ 陳子昴